ストレートアイロンの正しい使い方【後編】

前回からの続き。>> 前回の記事はこちら
くせ毛の方に欠かせないのがストレートアイロン。でも、間違って使っていると髪が痛んだり、思うような髪型にならなかったり。そこで、美容室専用メーカー・クレイツの木下さんにストレートアイロンのあれこれを教えてもらいました。

この記事を監修する専門家
木下 さん

クレイツ
木下 さん

美容専門学校卒業後、有名人もお忍びで通う都内ヘアサロンにて約5年勤務。その後、総合美容商社を経て、2014年に株式会社クレイツへ入社。プロフェッショナル事業部へ配属となり、全国の理美容室様へ向けた提案営業でご活躍中。

キューティクルを整えてツヤを出す方法

キューティクルを整えてツヤを出す方法 イメージ

キューティクルは、頭皮に近い方から毛先に向かって重なっています。そのため、キューティクルを整えるには、そのキューティクルの流れに沿ってストレートアイロンをあてることです。

まずブラッシングをして髪をほぐした後、髪全体をブロックに分ける前に、温めたアイロンで髪をはさみ、頭皮の方から毛先へ向かって軽く滑らせます。こうすることでキューティクルが整い、髪にツヤを出すことができます。

これはスーッと伸ばすだけでOK。

その後、ブロック分けし、しっかりとストレートアイロンをあてていってください。

ストレートにアクセントをつける

ストレートにアクセントをつける イメージ

ストレートにしたいといっても、ただ真っ直ぐになって、毛先がピンとはねていては魅力がありません。そこで、毛先が自然な流れになるように、クッション付きのストレートアイロンが登場しています。

髪をはさんで髪を伸ばしていきながら、毛先だけあごに沿って軽く内巻きにするといったことができます。

毛先だけあごに沿って軽く内巻き イメージ

また、根元から中間ぐらいまでをストレートにして、中間から毛先まではくせ毛のままというスタイリングも可能です。毛先のくせを生かした髪型ですが、これなら、どんなストレートアイロンを使ってもOKです。

ストレートアイロンとカールアイロンに切り替えられる2wayタイプ イメージ

さらに、ストレートアイロンで毛先まで真っ直ぐにして、その後、カールアイロンで縦ロールを作る方もいます。そのため、1本のアイロンで、ストレートアイロンとカールアイロンに切り替えられる2wayタイプという商品もあります。

ただストレートにするだけでは面白みが少ないという方には、これらがおすすめです。

ストレートアイロンの選び方

ストレートアイロンの選び方 イメージ

自分がなりたい自分になるためには、アイロン選びも大切なポイント。

今回ご紹介しただけでも、温まった金属プレートで髪のくせをなおす通常のストレートアイロン、クッション付きで毛先の表情を変えられるストレートアイロン、カールアイロンと一緒になった2wayタイプがありました。

通常のストレートアイロンの素材も、金属、チタン、セラミック、ステンレス・アルミニウム、テフロンなどさまざまあります。

さまざまなストレートアイロンの素材 イメージ

チタンは摩擦が少なく、髪へのダメージが少ないのが特徴。セラミックは劣化することがなく、熱伝導率が高く均一な温度でムラなく仕上がります。ステンレス・アルミニウムは軽くて出張などの持ち歩きに便利です。テフロンは滑りが良いため髪へのダメージが少なくすみます。

それらは、細さや長さもさまざま。

自分の髪の長さや量、どんな髪型にしたいかなどを考えて選ぶと良いでしょう。もしも悩んだら美容師さんに相談してみては?

今回は以上です!

次回の記事はこちら!
>> ロールブラシアイロンの正しい使い方【前編】 ※現在作成中です。

前回の記事はこちら!!
>> ストレートアイロンの正しい使い方【前編】

\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

AQUA beaute「アビエルタ」「リッカロッコ」「デルマーレ」などの高品質ヘアケア用品はこちら!!!